MENU

止まらない頭汗を対策するには?

ひとくちに「汗をたくさんかいてしまう」と言っても、汗をかく場所は背中や足、手のひらなど色々ありますよね。

 

その中でも厄介なのが「頭汗」です。

 

特に暑くもないのに頭から顔にかけてダラダラと汗が垂れてくる・・・
周りに見られているのではないかと気になりますよね。

 

髪の毛があるせいで汗が拭き取りづらく、かといって放置しているとニオイも発しやすいことから、何とかしたい方も多いのではないでしょうか。

 

 

というわけで、今回は頭の汗を対策するための方法について書いていきます。

 

 

頭から汗をかくことは普通のこと

まず、汗をたくさんかくことは「体の機能が正常に働いている」ということのしるしでもあります。

 

特に頭は汗腺がたくさん集まっている部分でもあるので、運動したり気温が高くて暑かったりすると誰でも頭からは汗がたくさん出てきます。

 

汗をかくことには体温調節や新陳代謝の意味があり、 ここがしっかり働かない人は何らかの体の異常を抱えている可能性もあるわけです。

 

ですので、汗をたくさんかいてしまうことをあまりネガティブに捉えすぎず、少なくとも体の機能としては正常なんだという気持ちで前向きになっていただければと思います。

 

 

その汗は頭からだけ出てきますか?

それを踏まえた上で、頭から大量に出てくる汗にお悩みなのであれば、それは多汗症の一種で頭部多汗症の可能性があります。

 

頭部多汗症は残念ながら特効薬や確立された改善方法がありません。

 

これは、頭部多汗症がストレスや精神的なものと深く関わっていると考えられているからです。

 

ですので、可能であればあまり頭にフォーカスせず、ストレスの少ない規則正しい生活を心がけることが改善のきっかけになるかもしれません。

 

それは適度な運動や十分な睡眠、バランスのとれた食事、リラックスできる時間を持つこと…できることはたくさんあると思います。

 

頭の汗でお悩みの方は是非実践してみてください。

 

 

自分でできる頭汗の対策

とはいえ、生活習慣を改善するだけでなく、何か特別な対策をしたい方もいらっしゃるでしょう。

 

ここでは、頭からの汗を抑える効果が期待できる方法がいくつかあるのでご紹介します。

 

 

胸の上を圧迫する

人間には半側発汗という作用があり、これは体の特定の場所を圧迫することで汗が出にくくなる作用のことを言います。

 

例えば京都の舞妓さんは顔や頭から汗をかきにくくするために胸の上を紐できつく巻いて圧迫しています。

 

効果のほどは個人差があると思いますが、洋服の中で紐を巻く分には人には知られずに済みますし、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

スパイシーなものは食べない

辛いものや酸っぱいものを食べると汗をかきやすくなりますが、その中でも特に頭から汗をかきやすくなると言われています。

 

頭からの汗が気になるようであれば、辛いもの酸っぱいものを控えてマイルドな食生活を心がけてみましょう。

 

 

首を冷やす

「暑くないのに汗をかく」という場合であっても、やはり冷やすのは汗の防止に有効です。

 

頭からの汗の場合は首元を冷やすと効果てきめんです。

 

暑い時期であれば、凍らせたペットボトル、保冷剤、または首に巻くツールを使って首も冷やしましょう。
どれを使うかは自分が使いやすいものをチョイスしてOKです。

 

寒い時期の場合は、首元をあからさまに冷やしていると不自然ですよね。
ですので首元が開いた服を着る、 タートルネックのようなものは着ないという程度の対策はできます。

 

 

腹式呼吸をする

頭からの汗は精神的なもの、というお話をしました。

 

腹式呼吸には心を落ち着かせ、焦りを軽減して汗を抑える効果が期待できます。

 

腹式呼吸といっても難しく考えることはなく、「深呼吸」くらいに考えておけば大丈夫です。

 

ポイントは吐くときです。息を吸って、3倍程度の時間をかけてゆっくり吐いていきます。

 

 

この時大きく息を吸いすぎてしまうと、逆に動悸が激しくなってしまうこともあるので注意してください。

 

 

病院を受診する方法もある

もしも確実に強い効果を求めるのであれば、病院で専門医の診断を受けるという方法もあります。

 

と言っても、先ほど書いたように頭部多汗症の治療法はまだ確立されていません。

 

この場合、精神科にて精神安定剤やメンタルカウンセリングを受ける流れになります 。

 

 

アセカラットがおすすめな理由

頭部多汗症が精神的なものある、というお話でしたが、かといって病院に行って精神安定剤をもらうのはちょっと抵抗があるのではないかと思います。

 

精神安定剤は眠くなったり活動する気力がなくなったりと、それなりの副作用もあるからです。

 

もう少し他の方法で何とかならないものか?と思いますよね。

 

 

ここで、あえておすすめしたいのが@です。

 

@には精神安定をもたらす成分は入っていないのですが、汗の量をコントロールするためには役に立つサプリメントです。
「汗を抑える効果が期待できる」と思って飲むことで、言ってみれば@がお守りとして精神的にはたらき、あなたの気持ちを楽にしてくれるのではないでしょうか。

 

「〜しているのだからいつもより楽になっているはず」と考えるだけで、人間はいくらか安心できるものです。
@には副作用はもちろんありませんし、むしろ栄養補給としても役立つことからデメリットはないわけです。

 

以上のことから、一度は@を試してみる価値があると思っています。

 

まとめ

頭には汗腺がたくさん集まっているので汗をかくのは普通の事
頭だけから汗が大量に出るようなら、頭部多汗症の可能性がある
頭部多汗症の原因はストレスなど精神的なものと言われている
気持ちを楽にする意味でも@が役に立つのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ