MENU

多汗症の治療ってどうするの?

汗を大量にかいてしまう方の多くは「多汗症」を心配されるのではないでしょうか。

 

自分が多汗症かどうかはっきりとはわからないまま、アセカラット使ってみようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、多汗症はれっきとした病気なので病院での治療が必要です。

 

反対に言えば病院で治療を行うのが多汗症を治す最短の方法です。

 

この記事では、あなたがそもそも多汗症かどうか、多汗症の場合はどのような治療をするのかについて書いていきたいと思います。

 

 

あなたは多汗症?

「汗をたくさんかいてしまう」

 

といっても、多汗症とは限りません。

 

汗をかくのにふさわしい状況でたくさん汗をかいている分には、あなたは代謝が良好な普通の汗っかきということになります。

 

例えば暑い時や運動した時、辛いものを食べたときなど、たくさん汗をかくとしてもそれが汗をかくべき状況ならあまり心配する必要はないでしょう。

 

 

逆に、特に暑くもないのに汗をたくさんかいてしまっている場合には要注意です。

 

精神的に焦りを感じるときにダラダラになってしまう方もそうです。

 

それと、眠っているときには汗をかかないのも多汗症の特徴です。
汗っかきの方は起きて活動している間と寝ている間の区別なく、常に汗をかきやすい状況にあります。

 

これらのパターンは多汗症を疑った方が良く、一度は病院に行って受診することをお勧めします

 

 

病院ではどのような治療するの?

頭汗にもアセカラットがオススメな理由という記事では、頭部多汗症の方はその原因がはっきりせず、精神安定剤などのアプローチで治療していくと言うお話をしました。

 

しかし通常の多汗症であれば、具体性と即効性のある治療が可能です。

 

ここでは多汗症の治療としてよくあるものを例として紹介します。

 

 

外用薬を塗る

最も簡単で、自宅でも行うことができ、価格も安い治療法は外用薬を塗る方法です。

 

外用薬には塩化アルミニウムという成分が含まれており、これを皮膚に塗ることで汗腺を塞ぎ、汗の出る量を減らすというものです。

 

手軽なメリットはありますが、一時的な効果しかないのがデメリット。
考え方としてはパウダー入りの制汗剤で毛穴を塞ぐのと同じです。

 

根本的な解決にはならないため、程度の重い人にはあまり合っていません。
皮膚への刺激があることから、敏感肌だと肌トラブルを起こす可能性もあります。

 

 

微弱電流を流す

イオントフォレーシス療法という治療法があるのですが、これは汗をかく部位を水に浸して微弱電流を流し、汗腺の機能を低下させて汗の量を抑えるものです。

 

デメリットは水に浸して施術するという特徴から手のひらや足の裏にしか使えないという点です。

 

 

毒素を注射する

脇の下によく使われる治療法がボツリヌス注射療法です。

 

脇の下の交感神経をめがけてボツリヌス菌を注射し、感覚をブロックすることで交感神経の働きを低下させます。

 

交感神経の働きが弱まれば、汗腺に対する指令も出なくなるので汗の量が減るわけです。

 

効果期間が半年から1年と長く、比較的重度の多汗症にも効果的ですが、やはり全身には使えないデメリットがあります。

 

 

神経を切断する施術

最終的な治療としては交感神経を切断してしまい、汗腺への指令が一切出せないようにする手術があります。

 

これも脇の下や手のひらによく使われる施術で、デメリットとしては患部の汗を止めた分、シワ寄せとして他の部位から多く汗が分泌される可能性があることです。

 

しかし副反応がなければ永久的に効果が持続する施術なので、脇の下や手のひらに特に悩んでいる方には検討する価値があるでしょう。

 

神経切断といっても内視鏡で行われ、数十分で終わる手術で日帰り可能です。

 

 

これらの治療に抵抗を感じるならアセカラットを試してみては?

汗の悩みを解決するために医療の力を使うのはとても効果的ですが、多くの方は怖さも感じると思います。

 

そんな場合はまずはじめに何のリスクもないアセカラットを試してみるのも良いでしょう。

 

アセカラットはサプリメントなので過剰に飲みすぎなければ副作用の心配はなく、ずっと継続して対策することで体質改善も期待することができます。

 

公式サイトでは3ヶ月分、6ヶ月分、9ヶ月分と定期契約することでお得に購入できるので、しっかり対策してみたい方にはこの定期購入がおすすめです。

関連ページ

汗を止めるために毛穴を塞ぐってどうなの?制汗剤の弊害とは
ダラダラの汗をなんとか止めようとしてパウダー入りの制汗剤を使う人は多いと思います。しかし、これって健康面で弊害はないんでしょうか?この記事では制汗剤を多用することのデメリットについて書いています。
交感神経と副交感神経の違い。自律神経の乱れって何?
大量の汗の原因は、自律神経の乱れと言われています。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていますが、これらの違いとは何なんでしょうか?
汗をかくのは汗腺が正常な証拠。むしろ汗をかかない方が怖い
汗をたくさんかいてしまう人はどうしてもネガティブな感情になってしまうものです。しかし、汗をかくのは代謝が正常に行われている証拠でもあります。むしろ汗をかかない方がよほど危険であり、怖いものです。
汗の手術をするとしたら?どんな手術でいくらかかる?
汗に悩んでいる方であれば一度は手術について思いを巡らせたことがあるはずです。この記事では手汗やワキ汗をかかなくなる手術についての実際の流れや費用についてまとめています。
ワキ汗で腕を上げられません。アセカラットで少しでも良くなれば…
ワキ汗が大量に出てきて悩んでいる方も多いと思います。腕をあげられない、電車のつり革につかまれない、ふとした時の周りの視線が気になる…そんな方にアセカラットが少しでも役に立つ?
肉を食べると汗が濃くなる?体臭予防に効果的な対策とは
食生活によって汗の質も変わると言われています。特にお肉などの動物性たんぱく質に注意が必要ということが分かってきました。体臭予防に効果的な食事とは?
このページの先頭へ