MENU

交感神経と副交感神経の違い。自律神経の乱れって何?

汗がたくさん出る人は必ずしも暑がりというわけではありません。

 

 

別に暑くもないのにたくさんの汗をかいてしまう、という人は「汗っかき」と言うより「多汗症」と表現したほうがしっくりくるかもしれませんね。

 

 

暑くないのにどうしてたくさん汗をかいてしまうのでしょうか?

 

その理由は、自律神経の乱れの可能性があります。

 

自律神経の乱れとは具体的に言えば、交感神経と副交感神経のバランスが崩れている状態です。

 

 

今回はこの交感神経と副交感神経について解説していきたいと思います。

 

 

 

 

 

交感神経と副交感神経の違い

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれていますが、それぞれ役割が違います。

 

 

 

ざっくりと言えば、交感神経は「体が活動する時」に活発になります。

 

逆に、副交感神経は「体が休息する時」に活発になります。

 

 

 

交感神経の役割

 

血管を収縮させて血圧を上げる

 

心拍数を増やす

 

脳が興奮する

 

 

 

副交感神経の役割

 

筋肉を弛緩させる

 

精神をリラックスさせる

 

血管を拡張させ、血圧を下げる

 

 

 

 

 

この2つの神経は両方いっぺんに活発になる事はなく、どちらか片方が優位に働くことで絶妙なバランスを保っています。

 

 

 

そして、気になる「汗を分泌させる」のはどちらかと言うと交感神経になります。

 

 

 

交感神経はほぼ全ての汗腺を支配していて、汗の分泌は交感神経に左右されるといっても過言ではありません。

 

 

 

暑くもないのに大量の汗をかく時は交感神経が刺激されていると言い換えても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

交感神経が刺激される時はどんな時?

 

どのようなときに交換神経が刺激され、汗が分泌されるのでしょうか。

 

 

 

これはあまり難しく考える必要はなく、最も多いパタンはストレスになります。

 

 

 

現代社会は仕事のストレス、対人関係のストレス、家庭問題のストレス、自分のコンプレックスに対するストレスなど本当に多くの精神的負担が存在しています。

 

 

 

これらのストレスを脳が感じると、アドレナリンという神経伝達物質が出されて交感神経が優位になります。

 

 

 

それによって人は心臓がドキドキし、筋肉が硬くなって緊張し、感染が刺激されて汗をかくんです。

 

 

 

 

 

 

 

リラックスできる環境を整えましょう

 

人が交感神経の作用によって汗をかくということがおわかりいただけましたね。

 

 

 

という事は、汗の量を抑えるためには副交感神経をできるだけ優位にさせるような工夫が必要です。

 

 

 

その工夫とは、非常に月並みな言い方なのですが「リラックスする」ということに尽きます。

 

 

 

 

 

ただ、リラックスしようと思ってできるなら苦労はありませんよね。

 

 

 

仕事のストレスや人間関係は変えようがなく、「心の持ちよう」でどうにかすることは極めて難しいと思います。

 

 

 

そこで大切になるのが、

 

 

 

リラックスできる状況を意図的に作ること

 

リラックス効果のあるものを体に取り込むこと

 

 

 

この2つです。

 

心はコントロールできなくても、行動はある程度コントロールすることができるということです。

 

 

 

 

 

リラックスできる状況とは?

 

人によってリラックスの方法は違うものですが、ここではいくつか例をあげておきます。

 

 

 

ポイントとなるのは毎日の習慣にできること。

 

自律神経のサイクルを整えるのに役立つのは、たまに行うストレス解消ではなく毎日のリラックス習慣と心得ましょう。

 

 

 

ゆったりしたソファーのあるカフェで時を過ごす

 

ほんの少しぬるめのお湯でゆったりと長風呂する

 

好きな小説を読む

 

好きな香りのアロマをたく

 

ハーブティーを楽しむ(オススメはカモミールの香り)

 

ゆったりとした音楽に癒される

 

晩御飯の後のスイーツタイム(←私はこれです!)

 

 

 

 

 

ここに挙げたのはほんの一例で、「あなたがリラックスできること」が答えです。

 

 

 

意外にも好きなことを忘れていたり我慢していたりするものだと思います。

 

この機会に好きなことの習慣化を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

リラックス効果のあるものを体に取り込むとは?

 

食べ物や飲み物の中にはリラックス効果が期待できるものがあります。

 

 

 

たとえば先ほどハーブティーはカモミールがオススメと書きましたが、それはカモミールに心を落ち着かせる作用があるからです。

 

 

 

そんなものが効くの?と思うかもしれませんが、馬鹿にできない効果があると思っています。

 

 

 

これは極端な例ですが、心の病にかかっている方が「リラックスしよう」と思ってもなかなか難しいわけですよね。

 

 

 

どうするかと言うと、薬を飲むことによって神経伝達物質の量をコントロールし、強制的にリラックスした状態に持ち込むわけです。

 

 

 

ハーブティーの効果は薬のそれと比べてだいぶ小さいですが、ここで言いたいのは「リラックス作用のあるものを体に取り込めば自然とリラックスできる方向に向かう」ということです。

 

 

 

 

 

GABAもおすすめのリラックス成分

 

カモミールのほかにリラックス効果が期待できる成分として、ここではGABA(ギャバ)を紹介します。

 

 

 

チョコレートに含まれていることで有名なGABAですが、正式な名前を「ガンマ-酪酸」といいます。

 

 

アミノの1種で、脳の神経伝達物質の働きをすることから医薬品の使用認可も下りた成分になります。

 

 

 

GABAを積極的に摂ることで心を落ち着かせる効果が期待でき、血圧も下がって汗の量も抑えられるでしょう。

 

 

 

ギャバの摂り方として、チョコレートのほかには玄米にも豊富に含まれています。

 

 

 

しかし、いきなり玄米の食生活に変えるのはなかなか難しいですし、チョコレートも糖分や脂肪が多いのでカロリーが気になります。

 

 

 

そんな場合はサプリメントで足りない分を補うのが効率的な方法です。

 

 

 

 

 

汗の量を抑える対策の一環としてギャバ試してみたい場合は、サプリメントの習慣をつけることが簡単でなおかつ効果を実感しやすいと言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

大量の汗は自律神経の乱れによる可能性がある

 

自律神経の乱れとは交感神経と副交感神経のバランスが崩れること

 

心のリラックスを司るのは副交感神経

 

副交感神経を優位にするためにリラックス習慣を

 

GABAのサプリメントはおすすめの方法

関連ページ

汗を止めるために毛穴を塞ぐってどうなの?制汗剤の弊害とは
ダラダラの汗をなんとか止めようとしてパウダー入りの制汗剤を使う人は多いと思います。しかし、これって健康面で弊害はないんでしょうか?この記事では制汗剤を多用することのデメリットについて書いています。
多汗症の治療ってどうするの?アセカラットは多汗症にも使える?
アセカラットは多汗症にも効果的なんでしょうか?そもそも多汗症の治療はどのようにしてすすめていくのか?ということについて書いています。
汗をかくのは汗腺が正常な証拠。むしろ汗をかかない方が怖い
汗をたくさんかいてしまう人はどうしてもネガティブな感情になってしまうものです。しかし、汗をかくのは代謝が正常に行われている証拠でもあります。むしろ汗をかかない方がよほど危険であり、怖いものです。
汗の手術をするとしたら?どんな手術でいくらかかる?
汗に悩んでいる方であれば一度は手術について思いを巡らせたことがあるはずです。この記事では手汗やワキ汗をかかなくなる手術についての実際の流れや費用についてまとめています。
ワキ汗で腕を上げられません。アセカラットで少しでも良くなれば…
ワキ汗が大量に出てきて悩んでいる方も多いと思います。腕をあげられない、電車のつり革につかまれない、ふとした時の周りの視線が気になる…そんな方にアセカラットが少しでも役に立つ?
肉を食べると汗が濃くなる?体臭予防に効果的な対策とは
食生活によって汗の質も変わると言われています。特にお肉などの動物性たんぱく質に注意が必要ということが分かってきました。体臭予防に効果的な食事とは?
このページの先頭へ