MENU

止まらない脇の汗!どうすればいいの?

脇の下から汗が止まらず、洋服がびっしょりになってしまうのは大きな悩みですよね。

 

脇の下だけが濡れていると電車やバスでつり革を掴むことができず、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

薬局、ドラッグストアでは洋服の裏側に貼り付けて使う汗脇パットが売られていますが、そのくらいで何とかなる量であればもともと悩む事は無いわけです。

 

汗脇パットではとても抑え切れない汗、これは何とかならないのでしょうか?

 

 

最も効果が高いのは手術

ワキ汗対策として最も即効性があり高い効果も期待できるのは手術です。

 

手術の内容は交感神経を切断するというもの。
交感神経を切断することで汗腺に汗の分泌を促す指令が送られなくなります。

 

手術といっても内視鏡での施術になるため体への負担は少なく、施術時間はトータル40分程度。
全身麻酔をかけますが、手術の時間帯によっては日帰りも可能となります。

 

手術によるデメリット

そんなワキ汗手術ですが、良いことばかりではなくデメリットもあります。

 

1つは価格が高いことです。入院した場合としない場合、若干の違いはありますが、トータルで10万円から15万円はみておいた方が良いでしょう。

 

もう一つは代償性発汗です。
脇の下の汗を止めても、止めた後の汗はどこかに行き場が必要であり、背中や胸、顔から今までよりも多い汗の分泌が起こる可能性があります。

 

これらのリスクを踏まえても直脇の下から汗をかくのが困る、と言う場合は手術を検討しても良いのではないでしょうか。

 

 

手術に抵抗があるなら注射という手もある

内視鏡を使うとはいえ、手術である以上は体に傷をつけるわけです。

 

今までの手術の経験が無い方や、体にメスを入れることに抵抗がある方も多いかと思います。

 

そんな場合には注射という手もあります。

 

注射でなぜ汗が止まるのかと言うと、やはり交感神経に働きかけるのがポイントです。

 

交感神経に対してボツリヌス菌を注入し、感覚を麻痺させることで汗を分泌する指令をシャットアウトする方法です。

 

この方法なら体に傷をつける事はありませんが、やはりデメリットがあります。

 

神経を麻痺させるだけであって切断するわけではないので、注射の効き目がなくなればまた脇汗が復活してしまいます。

 

この期間は3ヶ月から6ヶ月と言われており、個人差がありますが定期的な注射が必要なのがデメリットです。

 

 

自宅で何とかならないのか?自分でできるケアは?

脇の汗はなるべく自分で対策したい、という方もいらっしゃるでしょう。

 

脇の下を人に見せるのは恥ずかしいものです。
特に女性であればかなりの抵抗感じる場合もあるでしょう。

 

こんな形はまず初めに自宅で自分でできるケアを考えてみてはいかがでしょうか。

 

具体的には、汗を抑える作用のある成分を食事でとっていく、ホルモンのバランスを整えるために規則正しい生活を送る、代謝の機能整えるために適度な運動心がけるといったことです。

 

特にホルモンのバランスは大切だと考えており、汗は結局のところ自律神経のバランスの乱れによって大量にかいてしまうものです。

 

上記のような対策を地道に行うことで身体の内部機能が改善し、汗の大量分泌が抑えられる効果が期待できます。

 

 

生活改善が難しければサプリメントがおすすめ

もしも食生活を整えるのが難しく、仕事のスケジュールなどもあって睡眠時間が取れない、と言った場合にはせめてサポートのためにサプリメントを取ることをお勧めします。

 

アセカラットは夏野菜に含まれているカリウム、プエラリアミリフィカといった女性ホルモン、リラックス成分のギャバ、臭い対策に有効な柿渋エキスなど汗に関する悩みを解消に導く成分がたくさん詰まっています。

 

サプリメントの利点はなんといっても手軽で簡単なところ。
生活改善が難しくても、サプリメントを飲むだけならどなたでも行えるのではないでしょうか。

 

 

アセカラットの最安値は公式サイト

サプリメントを使う上で最も大切なのは継続することです。

 

サプリメントはお薬ではないので、ある程度の期間使い続けることで初めて効果が見えてきます。

 

「効果が弱い」と言ってしまうと悪いことのように聞こえますが、医薬品と違って副作用がなく、体への影響も緩やか負担が少ないことからメリットも多いのがサプリメントです。

 

そんなアセカラットですが、継続するためにはできるだけコストを抑えることが必要になってきますよね。

 

単品購入すると5,000以上かかってしまうアセカラットですが、公式サイトの定期購入に申し込むことで最大33%オフで購入することが可能になります。

 

汗の対策をしたいけれど費用が気になる、医薬品に頼るの副作用が心配…と言う方にはアセカラットがぴったり合っているのではないでしょうか。

関連ページ

汗を止めるために毛穴を塞ぐってどうなの?制汗剤の弊害とは
ダラダラの汗をなんとか止めようとしてパウダー入りの制汗剤を使う人は多いと思います。しかし、これって健康面で弊害はないんでしょうか?この記事では制汗剤を多用することのデメリットについて書いています。
交感神経と副交感神経の違い。自律神経の乱れって何?
大量の汗の原因は、自律神経の乱れと言われています。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていますが、これらの違いとは何なんでしょうか?
多汗症の治療ってどうするの?アセカラットは多汗症にも使える?
アセカラットは多汗症にも効果的なんでしょうか?そもそも多汗症の治療はどのようにしてすすめていくのか?ということについて書いています。
汗をかくのは汗腺が正常な証拠。むしろ汗をかかない方が怖い
汗をたくさんかいてしまう人はどうしてもネガティブな感情になってしまうものです。しかし、汗をかくのは代謝が正常に行われている証拠でもあります。むしろ汗をかかない方がよほど危険であり、怖いものです。
汗の手術をするとしたら?どんな手術でいくらかかる?
汗に悩んでいる方であれば一度は手術について思いを巡らせたことがあるはずです。この記事では手汗やワキ汗をかかなくなる手術についての実際の流れや費用についてまとめています。
肉を食べると汗が濃くなる?体臭予防に効果的な対策とは
食生活によって汗の質も変わると言われています。特にお肉などの動物性たんぱく質に注意が必要ということが分かってきました。体臭予防に効果的な食事とは?
このページの先頭へ